前へ
次へ

家族葬が注目されている理由

ここにきて、家族葬が増加しています。
家族葬は、身内や親族などといった限定された者のみで実行する葬儀です。
よく見られる葬儀のように通夜及び告別式を二日かけて実行することもあれば、通夜をスキップして、1日のうちで納棺から火葬までを実行することもあります。
高齢化社会の到来のみならず、近頃では、非婚化が進んでいます。
以上のように、家族が多様化している近年は、故人を弔うとは言え、古くからの葬儀だと家族に負担がかかり、その上参列者がいないなど、古くからの形には相応しくない点が多くなってきています。
その上、近頃は、個性をあたたかく迎えるというトレンドになっています。
以上のような世相を表わして、自分らしい葬儀がしたい、穏やかにお別れがしたいと考えている方が増加しており、家族葬が高い評価をされています。
加えて、小さい規模の葬儀のため、費用を抑えることが可能というアドバンテージもあり、これから先なお一層増えていくことが考えられます。

Page Top