前へ
次へ

家族葬をするということのメリットとデメリット

今日は家族葬をするということのメリットとデメリットについて考えてみました。
人が亡くなるとなぜ葬儀をしなければならないでしょうか。
それには三つの理由があります。
一つ目は故人と家族の別れのための儀式です。
次には故人と社会的な関係者とのお別れです。
そして3番目が宗教上の事なんですが、この世との別れです。
それが完了しなければ天国に旅立つことができません。
ですがこれらの三つの考え方は、人それぞれだということも言えます。
どの点を重視するのかによって、葬儀の形態が変わってきます。
まず家族葬のメリットですが、家族だけで故人を心ゆくまで送り出す出すことができます。
故人を家族で偲ぶには最適の選択肢となります。
家族葬のデメリットですが、二つ目の理由の、社会的な関係者とのお別れができないということです。
それゆえ家族葬だけにこだわっているご家庭では、 葬儀が終わった後で、社会的な関係者とのお別れについて考える機会を持ち、それで後悔することになるということです。
これは大変難しい問題ですね。

Page Top